• TOP
  • 売却のきっかけ_転勤

売却のきっかけから相談しよう

転勤するをきっかけに相談する

転勤が決まったお客様の多くが、持ち家の対処についてご相談に来られます。持ち家の対処法については、大きく分けてポイントは3つかと思います。
  • ・売却する
  • ・賃貸に出す
  • ・そのまま維持する(空き家にする)
こちらの3つが大まかな方法になります。

売却する

転勤にも比較的余裕のある場合からお急ぎの場合まで様々ございます。お客様に最適な提案をするには丁寧なヒアリングを行う必要がございますが、簡単に状況を知りたい方は、他ページにある売却方法のフローチャートを参考にして頂ければ分かりやすいと思います。 「直ぐに現金化して売却したい」「時間はあるので高値の売却を希望」などお客様に合わせた理想の売却ができるよう、お手伝いをさせて頂きます。 もちろんプロの専門家を専属で付きますので安心してお任せ下さい。

賃貸に出す

「普通借家契約」で貸してしまうと、借主が強く保護されるので、よほどの理由がなければ契約は更新され、出て行ってもらえない可能性があります。 そこで、更新のない「定期借家契約」で貸し出しましょう。契約が終了したら確実に退去してもらえるので、転勤から戻った時に自分が再び住むことができます。 入居者が見つかれば、家賃収入を住宅ローン返済に充てることができます。そのため、転勤先の家賃と二重に住居費を支払う負担が少なくなります。転勤で遠く離れても、住宅ローンを返済しながら、自宅を維持したい方におすすめです。

そのまま維持する

転勤中、空き家にすることを選択すると、大切な家を他人に貸すことで汚されたりする心配がありません。また、転勤が早めに終わったときや、お盆や年末など、いつでも好きなタイミングで自宅に戻って再び住むことができます。 ただし、人が住んでいない家は、傷むのが早いので、数ヶ月に一度は空気を入れ替えるのが理想的です。また、放火や不審者の侵入などのリスクもあるので、定期的な見回りも行いましょう。 旧宅の住宅ローンが残っている場合には、住宅ローンの返済と、転勤先の住居費が二重の負担になります。転勤時の住居について、会社の待遇を事前に確認することが大切です。 転勤というやむを得ない状況でも、短期間でない限り、空き家にしておくのはおすすめしません。

「転勤する」
から相談する

査定したい物件の情報を選択して 「査定スタート」を押してください。

今すぐ カンタン 無料査定

step 01

物件の種別を選択

NONE

OK

step 02

物件の市区を選択

NONE

OK

step 03

物件の町名を選択

NONE

OK