• TOP
  • 売却のきっかけ_不要になるから

売却のきっかけから相談しよう

不要になるから相談する

不要になった不動産をテルコーポレーションでは3つの売却方法でお客様に合った提案を致します。

高く売りたい(仲介)

市場価格に近い額で売却できます

せっかく不動産を売るならなるべく高い金額で売却したい方には「仲介」による不動産売却をご提案しています。買主を探す必要があるため手間と時間は多少かかりますが、その分市場価格に近い額で売却することができます。このページでは仲介による不動産売却についてご紹介します。

仲介とは?

「仲介」は、不動産売却のために当社と媒介契約を締結し、買主を探して売却する方法です。当社では既存顧客へのご紹介、不動産ポータルサイトや新聞折り込み広告など様々な媒体を使い、物件の購入希望者(主に一般の方)を探します。別の売却方法である「買取」と比較すると時間はかかるものの、不動産市場の相場に基づいた金額で売却することが可能です。

仲介のメリット

市場の相場価格で売却できる

仲介による不動産売却のメリットは、市場の相場価格で売却できることです。市場の相場は変動するものではありますが、適切な売却価格になりやすく、また買取の場合よりも高く売れることが多いです。依頼後は当社に任せておけるので、売却依頼者が特別なにかする必要はありません。注意点としては、確実に売却ができるわけではないということ。さまざまな方法でアプローチしますが、購入希望者が出てこない場合もあります。関連して購入希望者を見つけ売却するまでにどうしても時間がかかる点には注意が必要です。

スピーディな現金化

買取による一番のメリットは現金化までが早いこと。仲介の不動産業者に頼んで買主を探して…といった手間がないため、売却から現金化の期間が気になる方は「買取」を選ぶとよいでしょう。

返済に悩んでいる(任意売却)

ローンの返済は不動産売却で

住宅ローン等の返済が何らかの事情で難しくなってしまった場合「任意売却」という方法で解決を図ることが可能です。条件はありますが、住宅ローンのかかった不動産を売却し、残債の返済にあてることができます。

任意売却とは?

「任意売却」は、所有する不動産の住宅ローン等の返済ができなくなってしまった場合に、お金を借りている銀行などの金融機関からの合意を得て不動産を売却し、残債の返済にあてられるようにするものです。 通常は「競売」といって、銀行等が貸した金額を回収するために裁判書に申し立てて売却させることになります。ただ通常の売却と異なり、安く買い叩かれてしまうデメリットがあるため、極力競売回避を行う必要があります。そこで上記「任意売却」を行えるかが重要になってくるのです。

任意売却のメリット

自分で売却条件をコントロールしやすい

競売の場合、銀行等の依頼によって裁判書が主導になって該当の不動産を売却するため、価格はもちろん売却先や時期などの各種条件にも関与することができません。 任意売却であれば、銀行など金融機関の合意は必要なものの、それ以外は通常の不動産売却と同じ様に行えます。唐突に安く買い叩かれるといった極端な状況になりにくいため、任意売却ができるように調整・交渉することは必須です。

市場相場に近い価格で売却できる

任意売却の場合は、合意を得ること以外は通常の不動産売却と同じように売却できるため、競売よりも市場相場に近い価格で売却できる可能性が高まります。注意点としては金融機関からの合意を得る際に売却期間を短く要求されるかもしれない点です。市場相場に近いとはいえ、確実に売るために価格を下げざるを得ない状況になる可能性はあります。

周囲に知られるリスクを下げられる

競売になってしまうと該当不動産の販売状況が公開されるため、近隣住民や関係各所に住宅ローンの返済ができなくなっている、といったプライベートな情報を知られてしまう可能性があります。任意売却は販売状況が強制的に公開されることはないため、その点はメリットとなります。

「不要になる」
から相談する

査定したい物件の情報を選択して 「査定スタート」を押してください。

今すぐ カンタン 無料査定

step 01

物件の種別を選択

NONE

OK

step 02

物件の市区を選択

NONE

OK

step 03

物件の町名を選択

NONE

OK